ダイエットすると味覚が変わってきました!

公開日: 

こんにちは~( ˙˘˙ )*

無痛整体&ヘルシー耳つぼダイエット専門の気楽整体院宮平です

ブログをご覧いただきありがとうございます♬*゜

 

GWあっという間でしたね~

みなさんは楽しく過ごすことができましたか?

 

わたしは久々に会う大切な友達とディナーを楽しんだり、

東京から帰省した学生時代の後輩とお茶したり

普段会えない人たちとゆっくり過ごすことができて楽しかったです

 

しっかり充電できたので、

今日もはりきってお客さまの健康をサポートします( ˆoˆ )/

 

ヘルシー耳つぼダイエットをスタートして1か月を経つお客さまと

ダイエットカウンセリング中にこんなことがありました

 

お客さまのお食事日記を見て、

「久々にご家族で外食されたんですね。いつも頑張っているから、

外でのご飯はおいしかったんじゃないですか?」と、聞くと

 

「実はそうでもなくて、味が濃く感じてあまりおいしくいただけなかったんです。」

と不思議そうにお話しされました

 

こういうやり取りはちらほらあって、

ダイエットが順調に進んでいくと「味覚」が変わっていきます

 

身体のとって必要なミネラルの一つ「亜鉛」が足りないと味覚障害になります

ダイエット中は栄養バランスを意識した食事をしていただいているので

食材本来の味を感じ取ることができるようになります

 

 

味覚が変わると、自然と味付けも薄くなるので

必要以上に塩分や脂質・糖分を欲しがらなります

 

もちろん味付けだけでなく、いつの間に間食の回数も減っていきます

行動が痩せる習慣になってきているんですね

 

ちなみに味覚は3歳までに形成されて、年を重ねて「経験」から

おいしい・おいしくないを決めていきます

 

子どものころに味が濃い味覚に慣れてしまうと

大人になっても習慣として残るので生活習慣病の原因になりかねません

 

とはいっても、自分の味覚が薄いのか濃いのか

判断するのは難しいですよね~

 

そんなときは「比べること」をおすすめします( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

 

たとえば…

・ダイエットレシピ本をレシピ通りに作ってみる(味付けまで再現)

・知人や友達に食べてもらう(家族は味覚が似通うのでNG)

 

薄いな~と感じたり、いただいた感想が「甘いね、しょっぱいね」でしたら

濃い味付けの可能性が大

 

味覚は毎日の食事で変化するので、最初は物足りなくても

徐々に慣れていきます

 

逆に、もともと薄味派だったひとは

食生活が外食・スーパーの惣菜中心になると

だんだん濃い味付けに慣れてしまいます

 

なので定期的なチェックが大切📝

 

わたしは

・最後までおいしくいただけるかどうか(もったいない精神で食べていないか)

・食べた後にお水がほしくならないか

・おかずを食べるとき、ご飯なしでもいただけるか

など、体の反応をみながらチェックしています

 

たまにポテトチップスが食べたくなって

いざ食べてみたら少し食べて濃い味付けに「もういいかな」とストップ

 

外食はお家と比べてどうしても塩分が多いのでのどが渇きやすくなります

(むくみの多い人は塩分のいいものを選んでいないかチェック)

 

 

ちなみに3つめの「ご飯なしでもおかずを食べられるか」

タニタ食堂のレシピ本の一句から

 

実際、タニタ食堂でお昼ご飯を食べたとき本当に薄味だったので、

読んでいてなるほどな~と思いました(笑)

 

ご自分のダイエットやお子さんの食育に

ぜひ活用してみてくださいね~

 

 

ダイエット(diet)の本当の意味は「毎日正しく食べること」

ムリな体重減量は未来のあなたの健康を遠ざけてしまいます

 

運動しなくても痩せる食べ方で体の内側から健康に生まれ変わる

 

健康管理士一般指導員&痩身カウンセラーの私たち

全力であなたのダイエットをサポートいたします

 

ずっと悩んできたダイエットのお悩み

耳つぼ無料カウンセリングにてたくさんお聞かせください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

 

 

気楽整体院のご予約はお電話orネット予約からどうぞ

最後までブログをご覧いただきありがとうございました

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です