大根で体を整えましょう

公開日:  最終更新日:2016/04/23

こんにちは気楽整体院の宮平です。
12月になると、忘年会や色々なイベントなどたくさんありますね。
こんな大事な時期だからこそ、体調管理などをきをつけましょうね!
冬の時期には欠かせない食材として大根を紹介したいと思います。

健康に良い免疫力を高める食べ物  大根
大根の注目栄養成分
ビタミンA/ ビタミンC/ 食物繊維/(リグニン)、ジアスターゼ、
アミラーゼ、フラボノイド</span>
ダウンロード (1)

 

 

 

 

 

 

大根の消化酵素が胃腸を整える

大根の根の部分には、でんぷんの消化酵素であるジアスターゼが多く含まれてい
るほか、グリコシダーゼなどの酵素が含まれているため、食物の消化を助けると
ともに腸の働きを整えてくれる効果があります。
ジアスターゼにはまた、焼き魚の焦げた部分に含まれる発ガン物質の解消を
はじめ、高い解毒作用もあり、付け合せの大根おろしなどはまさに理にかなった
食べ方といえるでしょう。
大根の絡み成分のアリル化合物にも、胃液の分泌を高めて消化を促進する働きが
認められ、胃にとっては実に心強い見方なのです。

消化を助ける大根おろし
大根のジアスターゼが胃腸にいいことは前項で述べたとおりですが、ご飯や餅、
いもなどを食べ過ぎて胃のもたれを感じたときに、大根おろしを食べると、
スッキリと楽になります。
また、でんぷんだけでなく、たんぱく質や脂肪の消化も助けます。
焼き魚や焼肉に大根おろしが欠かせないのもこのためです。
また、胃酸の中和作用もあるので、ゲップ、胃のもたれ、胸やけなど胃酸過多の
諸症状を改善してくれます。
二日酔いでスッキリしないときもすりおろして飲むとよいでしょう。
胃の不快感が解消するとともに、ビタミンCが肝臓の働きを高めてくれます。

大根の栄養素
大根の栄養素として、まず豊富なビタミンCがあげられます。
ただし、大根のビタミンCの分布は平均しておらず、中心部より表面の皮のほうが
約2倍も多く含んでいます。ですので、なるべく皮はむかずにきれいに洗って
皮ごと食べることをおススメします。
また、見逃せないのが、葉の栄養でビタミンCも根の部分より多く含まれている
ほか、根には含まれていないビタミンA(カロチン)も、葉には多く含まれてい
ます。さらに葉の部分には、ビタミンB1B2、カルシウム、ナトリウム、リン、
鉄などの成分を含み、まさに栄養豊富です。
illust740

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と以上になります!
皆さん、ますます楽しい時期を迎えますが、
しっかりと体をいたわりましょうね!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です